MENU
会社案内
アラスカ基本情報
の観光  
秋の観光 
冬の観光  
アラスカブログ!!!

コンタクト

 

  ENGLISH

  

アラスカで仕事をしてみませんか。

ガイド募集中 !!

 

JALの直行便

最新情報

 

 

 

フェアバンクス

 

 

左から:ゴールデンハート・パーク、 パイプライン、オーロラ、氷の彫刻、犬ぞりレース、観光案内所サイン

 

 

 地図の拡大図はこちらから

フェアバンクス  FAIRBANKS FACT

人口        32、000人(周辺地域を合わせると85、000人)
          アラスカ州第2位
北緯        64度49分
西経        147度52分
面積 85.988平方キロメートル
市長        James C Hayes
フェアバンクス自治町村長 Hank Hove
平均気温       1月 −23.3゜C   7月 16.1゜C
平均気温(最低)   1月 −27゜C    7月 10゜C
平均気温(最高)   1月 −18゜C  7月 22゜C
過去最低気温     −54.4度(1989年1月)
過去最高気温     37.7度(1915年6月)
平均降雪量       1.72m
日照時間        6月  21時間21分
             12月  3時間49分
アンカレッジまでの距離  576Km
北極圏までの距離     約160Km

偉大なる大地アラスカの「黄金の心臓( )」と自負するフェアバンクス市は、まさにアラスカの中央に位置し、ゴールドラッシュ時代から順調に発達を続けるアラスカ第2の商業都市。現在の人口は32、000人だが、周辺地域と合わせると約85、000人の人々がこの地域に住んでいることになる。マッキンレー山を擁するアラスカ山脈が南に、そして遥かに北にはブルックス山脈がそびえるが、大河ユーコンの支流タナナ川とチェナ川流域にあって、町は平野にゆったりと広がり、樺やエゾ松となだらかな丘陵地が雄大な景観に優しさを加えている。この地は、北半球で最も明るいオーロラが見えるところで、アラスカ州立大学地球物理学研究所のオーロラ研究は世界的に有名である。

フェアバンクスはアラスカ内陸部の中心地であると同時に、北部辺境地域への出入り口でもある。1903年ゴールドラッシュ当時、金を探す人々宿泊および物資交易のために町が造られ、当時の副大統領の名をとってフェアバンクスと命名された(実はこの副大統領はアラスカに来たことがない)。ゴールドラッシュが終わった後も内陸部の中心都市として発展を続け、現在アンカレッジに次ぐアラスカ第2の都市として政治、経済、学術、文化の各面で重要な役割を果たしている。アンカレッジ市を中心として中央南部地方とは定期航空便の他にアラスカ鉄道およびハイウェイで結ばれ、また北部辺境地域とは定期航空便およびチャーター便で結ばれている。
厳冬期には摂氏マイナス23度を越える日が多いが、夏期には摂氏20度を越える日もあり、家庭菜園で野菜や草花が立派に育つ。北緯66度33分の北極圏であるミッドナイトサンの世界へはここから、車で約5時間以上かかる。

市の郊外にはアラスカ大学フェアバンクス校があり、市内にはアラスカが米国領になって100年目の1967年に建設されたアラスカランド・パイオニア公園(テーマパーク)のほか、チェナ川とタナナ川を遊覧する外輪船クルーズもある。また市の北方16kmのハイウェイ上からアラスカ縦断パイプラインを間近に見ることができる。市の東方約100kmにあるチェナ・ホットスプリングスにはロッジ、温泉などの施設があり、冬期オーロラがよく見えるため、近年12月ー3月にはオーロラ鑑賞のための日本人観光客が多い。また、市の西南86キロにあるネナナでは、毎年春タナナ川の解氷日時を予想するネナナ・アイス・クラシックが行われる。

フェアバンクスへは、アンカレッジからデナリ国立公園を経由する があり、石油パイプラインの終点バルディーズ港からは がある。双方とも1年中通行可能で夏期には観光バスが走り、キャンピングカーやレンタカーによるドライブの旅でも人気のルート。フェアバンクスから北側に延びる道路は4本あり、いずれも金鉱の町と結ばれている。 はパイプライン建設当時の産業道路で、北極圏デッドホースまで延びている。

またフェアバンクスにはアイルソン・エアーフォースベースがあり、8、245人の人々がここで働いている。アラスカでは1990年に比べると全体で7.3%このような米軍基地で働いている人が減っている。第二次世界大戦の時にはこのフェアバンクスが地理上軍事的な意味で非常に重要な役割を担っていたしその後の冷戦時代にも、このアラスカは重要な意味を持っていたが、ここ10年間の間に世界情勢は激しく変化しそれに伴いこれらの軍事施設で働く人も減ってきた。


歴史
現在のフェアバンクス周辺には、はるか昔から狩猟などをして暮らすネイティブの人々がすんでいたが、1867年にアラスカが合衆国の一部になっても、内陸地は未知の土地であった。しかし、1901年、キャプテン・バーネットがユーコン河を蒸気船で遡りタナナ川との合流地点に交易所を開設、そして翌年イタリアのフェリックス・ペドロが交易所から19km北に金鉱を発見して、この地は一躍脚光を浴びる。1903ー4年とゴールドラッシュが続いて起こるこの地に名前が必要となって、バーネットの友人のウィカーシャム判事の提言で、当時インディアナ州選出の上院議員であったチャールズ・フェアバンクスの名が市名と決定した。このフェアバンクス氏は後に、ルーズベルト大統領の下で副大統領となっている。またバーネットは、フェアバンクス市長として輸送や取引やサービスs関係の産業に尽力、彼の銀行が倒産する1911年までこの地に留まった。
フェアバンクスほど浮き沈みの激しい町は他にはないだろう。陸の孤島と言うべき場所のため、金の生産量が伸び悩むと今度は人々から敬遠されはじめ、1910年から10年間に人口が10分の1にまで減少してしまった。しかし、議会でアラスカ鉄道の建設が決まり、フェアバンクスは港町スワードと鉄道でむすばれることになった。鉄道建設工事と鉄道によって運ばれた大型の掘削機による金生産の増大により、大きな経済効果を受けたフェアバンクスは、1930年代の大恐慌にも影響されないほどの繁栄を誇った。
しかし、金の生産が減少するに従って、経済もまた悪化の道をたどっていった。ところが太平洋戦争が始まり、アラスカの軍事戦略上の重要さが認識されるとフェアバンクスは軍施設の建設ラッシュとアラスカ・ハイウェイの建設で活気を取り戻し、さらに冷戦時代には多くの軍事費が投入され、1959年にはアラスカは49番目の州に昇格する。
だが軍事上の重要性が薄れてきた雪解け時代になると再び経済は悪化する。しかしここで3度目の救いの手が差しのべられることになる。1968年、北極海沿いでアメリカ最大の油田が発見され、フェアバンクスは油田開発の中心地になり、北極海から太平洋まで延びる巨大なパイプライン建設が始まり、これまでのどんなゴールドラッシュより巨大な資金がフェアバンクスに落とされることになった。パイプライン工事は1977年に完成するが、原油生産にかかる税金の歳入により、アラスカは豊かな州に変貌していった。
今フェアバンクスは金や石油のような天然資源に頼ることなく、空港を中心とした世界の物流都市、光の都市と呼ばれるような夏の真夜中の太陽そして秋から春にかけての光のシンフォニーであるオーロラという自然を中心とした観光産業、更には世界の各地から研究者や教授達がつどう世界的学術都市をめざして繁栄している。

観光スポット

フェアバンクス国際空港
フェアバンクスは地理的にヨーロッパ諸国、北米、環太平洋諸国の三角形の中心に位置しているため多くの航空会社はこのフェアバンクス空港をハブ空港として利用している。そのため町の規模の割には大きな空港がある。カーゴ便としてはエアー・フランス、KLK、ルフト・ハンザ、また旅客便ではデルタ、アラスカなどが利用している。


アラスカ大学フェアバンクス校
アラスカ大学フェアバンクス校はアラスカ大学システムの本校にあたり、規模、施設ともに一番充実した総合大学で、構内にはテレビ局、ラジオ局、消防署、自警団、郵便局、書店、病院などの施設もあり
大学自体で1つの町のようになっている。


歴史
1917年ー教員6名、生徒6名でアラスカ農業学校として設立。
1935年ー農業学校からアラスカ大学に変名。
1946年ー地球物理学研究所の設立。設立以来、高緯度での地球と自然科学の研究が国際的賛唱を受けている。

               世界で唯一の大学所有のポーカーフラ  ッ ト・ミサイル発射基地の運営。
1947年ー最初のサマーセッションを実施。これによって年間を通じての学問の場としての位置づけを確立。
1959年ーアラスカの州昇格によって、大学も大きな変革を遂げ始める。
1960年ー海洋科学、水産科学課の設立。
1963年ー極地生物学科の新設。キャンパスの近くにじゃこう牛、カリブー牧場の運営。
1975年ーアラスカ大学ステート・システムの設立。
1980年ー大学博物館、現在地に移動。年間12万以上の人が訪れる。
1981年ー生徒数が5000人を越える。奨学制度、国際教育へ力を入れ始める。日本、デンマーク、
      カナダ、中国、ロシアなどの学校との交流開始。
1998年ー生徒数9000人を越える。全米50州、43カ国から生徒が集まる。


Fact

生徒
*生徒数(1998秋)8、235人
*56%女子生徒、 44%男子生徒
*87%アラスカ州内 10%州外生徒、 3%留学生
*93%学士、 7%修士
*学生・教授率: 13:1

 
キャンパス
フェアバンクス校のメインキャンパスはフェアバンクスのダウンタウンから2、3マイル離れ、敷地面積は約2、250エーカーで2つの湖、35マイル続くスキートレイルもある。メインキャンパス以外にフェアバンクス・ダウンタウン、ベセル、ディリングハム、コッツビュー、ノームなどにも分校がある。卒業に必要な単位はどの分校でとっても認められる。

地球物理学研究所
地球物理学研究所はオーロラの研究に加え、宇宙物理、火山、地震、永久凍土など幅広い研究をしている。現在科学者、エンジニア、生徒など約400人の生徒が働いている。年間の研究の為の予算は約$2、500万ドルでその内88%がNASAや国家防衛局などの政府からの支援を受けている。1948年、当時は極地でのラジオ・コミュニケーションの遂行の為に設立され、現在では人工衛星による極地の観測、火山活動の監視、オーロラの観測、ロケットの打ち上げによる大気圏の観測、地震予知などが行われている。この宇宙物理学研究所の局長として日本人の赤祖父俊一氏がオーロラの研究などで有名である。

ポーカーフラットロケット発射基地
ポーカーフラットロケット発射基地は世界で唯一の大学によって所有されているロケット基地でり、アメリカのなかで唯一高緯度のオーロラゾーンにある発射基地でもある。1968年以来、アラスカ大学に地球物理学研究所によって所有され、主にオーロラと大気圏の研究の為に使われている。そして1979年以来、NASAからの経済的援助を受けNASAと地球物理学研究所の協力によって運営されている。フェアバンクスから北東に約50kmの位置にあり5、132エーカーの広さを持ち、世界最大の陸上ロケット発射基地になる。1、500以上の気象観測ミサイルや236高度観測ロケットなどが連邦局や世界中の大学の科学者や技術者からオーロラ、オゾン層、磁気層、紫外線による放射能などの研究がされている。

アラスカ大学博物館
キャンパスの西側にある の中にある博物館で、夏期のアラスカの観光ポイントでベスト10に入るほど旅行者が訪れる。アラスカの5つの地域ごとに展示が分けられ、エスキモーやインディアンの生活様式、パイプライン、ゴールドラッシュ、野生動物、オーロラ、そして3万6千年前のバイソンのミイラなどが展示してある。

アラスカ大学実験農場
アラスカ大学実験農場は1979年じゃこう牛の栄養、生理、行動の研究を目的としてキャンパスから北へ約3マイルの位置に設立され、大学の極地生物研究所によって管理されている。150エーカーの敷地にはじゃこう牛、カリブー、レインディアーが飼育されていて、動物の栄養、新陳代謝、生理、行動などを研究、そしてこれらの動物の繁殖もさかんに行われている。1980年にヌニバック島より16頭のじゃこう牛が連れてこられ、その3年以内にカリブー、ムース、レインディアーも加わった。現在ムースはソルドトナのフィッシュ&ゲーム・ムースセンターにて飼育されている。実験農場には常時職員、臨時職員、修士課程の生徒、ボランティアなどが働いていて農場の運営を支えている。
実験農場は地元の学生に教育的役割も果たしていて、地元の小、中、高生のフィールドトリップ、アラスカ大学の学生の実地授業、そして高校生、大学生の研究への参加など地元への教育プログラムの1つとして大きな役割を果たしている。年間約6000人以上のビジターが実験農場を訪れていて農場の入り口には動物観察用のプラットホーム、インフォメーションボードなどがあり、夏期(6ー8月)には
週4回ガイド付きのプログラムが行われている。


クリーマーズ・フィールド
ダウンタウンの北を東西にはしるカレッジ・ロード沿いにある渡り鳥保護区。春から秋にかけてカナダガン、カモ、白鳥など約150種類の渡り鳥がここに飛来してくる。1800エーカーの保護区には、約2マイルのネイチャートレイルがあり、誰でも気軽にできるハイキングコースで、野生動物を見かけることもある。夏期の間、ナチュラリストによる約2時間のガイドツアーが行われる。

アラスカ縦断石油パイプライン
アラスカ石油パイプラインは北極海に面したプルードベイから、北米大陸最北の不凍港バルディーズまで約1、287km続いている。 これは人工的建造物では万里の長城に次ぐ長さをもち、ノルマンディー作戦に使用されたのと同量の物資と人員、そしてさらにには2兆3100億円に相当する費用を要した。あるときは地中にもぐり、ある場所では地上に姿を現し、川を渡り、山を越え、カーブを描き、ジグザグになり1、287kmの距離を結んでいる。また、このパイプライン建設は、いろいろな困難や反対運動などを乗り越え、環境問題や技術問題を解決するため、世界中の最新技術が導入されている。現在は約900人の人が働いているが、アリエスカと請負業者を含めると2、100人になる。

歴史
1968年        プルドーベイにてARCO(現在のエクソン)が石油を発見。
                     当時、プルドーベイには約90億バレル(1バレルは160リットル)の採掘可能な原油があると考えられていたが、

                           その後採掘技術の向上によって12億バレルの石油があると考えられている。2000年4月には13億バレルに達した。
1973年        数年に渡る議論と調査の結果パイプライン建設は議会の承認を得た。
1975年3月27日 トンシナ川でパイプラインの一部分の施工が始まる。
1977年3月31日 最終的な溶接作業の終了。
1977年6月20日 最初の石油がパイプラインに流される。
1977年7月28日 最初の石油がバルディーズに到着。
1977年8月 1日 石油を積み込んだ初のタンカーがバルディーズを出航。

 

金採掘場 
フェアバンクスにある金の採掘場で、1928年から1959年にかけてここで約30億ドルにものぼる金が採掘された。 は現在 によって所有されていて、夏期の旅行シーズンには毎年約57、000人以上の観光客が訪れる。この採掘場は1984年に国立歴史史跡にも指定されている。この採掘場には現在は昔の採掘者たちの宿舎、当時使われていた採掘機などが残されており、ゴールドラッシュ当時の写真なども飾られている。観光客は砂金採りにも挑戦できる。冬季は閉鎖している。

ベントリーモール
フェアバンクスで一番大きいモール。隣には24時間営業スーパーのセーフウェイと大規模なオフィス用品店のオフィスマックス、そしてアート&クラフト専門店のミッシェルズなどがある。モール内には他にも靴屋、本屋、洋服屋、CDショップ、コーヒーショップなどが入っている。

ログキャビン・ビジターインフォメーション・センター
1959年にアラスカが準州から州に昇格したことを祝って作られた。芝生で覆われた屋根は、アラスカ開拓時代のパイオニアの人々が使っていた生活の知恵で、夏は動物に荒らされない畑となり、冬は断熱材の役目を果たしている。
インフォメーションセンターにはフェアバンクス在住のスタッフとボランティアが1年を通して働いている。彼らは旅行のインフォメーション以外にもフェアバンクスので生活の話など話してくれ、ドイツ語、日本語を話すスタッフもいて、海外からのビジターにも大きな助けとなっている。
ログキャビンでは400以上のフェアバンクスエリアやデナリ国立公園でのアトラクション、ホテル・ロッジ、ツアー、レストラン、ショッピング、キャンプ、交通手段などのブローシャーがある。 バローからケチカンまでのアラスカの他の地域のインフォメーションも得られる。夏期にはボランティアが鉄道駅と空港にブースを出して旅行者の観光案内をしている。
夏期(5月から9月):毎日   オープン
冬季(10月ー4月):月ー金 オープン

ゴールデン・ハート・パーク 
ログキャビンの裏手、チェナ川とダウンタウンの中心地を見渡すところに位置し、フェアバンクスの未来に夢を託して、地元住人の努力と協力により1987年に建設された。公園建設に携わった住人の名前は と彫られた台座に刻まれています。ハイライトはマルコム・アレキサンダー氏作品の (この地に住んでいた”知られざる最初のファミリー”)と題された大きな立像が公園の中心地にある。脇には「遠く、風の彼方を見ている彼らは誰なんだろう?疲れた目をして周囲に気を配り、何も恐れることはなく、凍てついたこの川の辺にて”ここが我々の大地”とつぶやく。どこから・・・、どうしてこの地にきたのだろう?知られざる最初のファミリー・・・。」
で始まるマルコム氏の詩が書かれている。

イマキュリッツ・コンセンプション教会 
1904年に建造されたフェアバンクス最初のカトリック教会。もともとは現在の位置から300m程離れたチェナ川の反対側にあったのだが、フランシス・モンロー牧師の提案で、教会は病院の隣りにあった方が良いということで、1911年の冬に大胆にも教会をジャッキアップして凍てついたチェナ川に下ろし、馬で引いて現在の場所に移動させた。病院は現在デナリ・ステートバンクになっている。現在はこの教会は、国立歴史記念建造物に制定されているが、今でも活発に活動を続けている。ローマン・カトリックのこの教会の屋根には、美しいマリア像が飾られ、中にはステンドグラスやスズをあしらった天井や壁、また懺悔室を見学する事ができる。

チェナ川 
フェアバンクスの発祥に不可欠な要素であったチェナ川は、タナナ川に流れ込み、そのタナナ川はユーコン河と合流し、最後にベーリング海へと流れていく。川はいまでも”道路”として利用されていて、夏はボート、冬はスノーモービル、犬ぞり、車が川を走ります。1967年に、チェナ川が大洪水を起こし、街を深さ2ー3メートルの水で覆い、7500万ドル以上の被害をもたらした。

アラスカ鉄道フェアバンクス駅
全米最北の鉄道駅。元はゴールドマイニングが盛んだった頃、チャタニカ村方面に走っていたタナナ・バレー鉄道の駅として1905年に建てられた。現在のアラスカ鉄道のアンカレッジーフェアバンクス間の路線は1923年に完成され、1985年に州が連邦政府から買い取った。現在は夏期の観光客以外に、石油、石炭などアンカレッジ、スワードの港まで運んでいる。夏期にはアンカレッジから毎日1往復あるが、冬季には週1便になる。


アラスカランド
ダウンタウンと空港の中間、チェナ川のほとりに広がるアラスカで唯一のテーマパークで、1967年にアラスカがロシアからアメリカ領になって100年めを祝う”アラスカ100年祭”の際に建設された。アラスカ開拓史のなかでフェアバンクスが果たしてきた重要な歴史を表現している。派手なアトラクションはないが、フェアバンクスの歴史を知るには絶好のテーマパークである。
44エーカーの公園内には
*大統領特別車両
1923年7月アラスカ鉄道の建設完成を記念して当時の大統領ウォーレン・ハーディングの手によって、ゴールドの鉄道レール用の釘が打ち込まれた。この車両はそのとき大統領が乗った特別車で、豪華な造りになっている。またアラスカの美しい自然が楽しめるように、窓が大きく作られている。
*外輪船ニナナ号
1933年から1952年の当時道路網が発達していなかった頃、チェナ川、タナナ川、ユーコン川を
利用して物資輸送や交通機関として活躍した。現在では国定歴史建造物に指定されている。
*パイオニアホール
1900年代の建築を再現した建物。一部はゴールドラッシュ時代の開拓時代コレクションを展示する博物館になっている。シアターではゴールドラッシュ時代を再現したショーが催される。
上記以外にも、アラスカで最も有名であったジェームス・ウィッカーシャム判事の家、昔のブッシュパイロットの歴史を展示した航空博物館やゴールドラッシュタウン、ネイティブビレッジもある。公園内はミニチュアの汽車に乗って12分で一周できる。レストランはアラスカでは有名なサーモンベークがある。入場料は無料。1年中オープンしているが、5月ー9月以外は店もアトラクションも閉まっている。

フレッドマイヤー
フェアバンクスでは比較的大きいマーケットであるフレッドマイヤーでは、食料品をはじめ、生活雑貨、衣料品、電気製品、アウトドア製品などなんでもそろう。簡単な食事もとることができる。

 

                                                       

 

冬の観光メインページへ